2008年12月24日

パソコンから安く電話がかけられる最先端の方法をご紹介します!!

 NTTコミュニケーションズっていうと、ぐっさんのCMでお馴染みのあるかたが多いと思いますが、この会社がまたお得な電話の使い方を作ってくれました。

 Windowaパソコンをご利用のかたにはWindows Live Messengerを使っておられるかたも多いと思いますが、NTTコミュニケーションズがお得な通話料の050IP電話「“ドットフォン”シリーズ」の機能をWindows Live Messenger Version 2008(日本語版)で利用できるようにしてくれたそうです。“Windows Live Call by ドットフォン”というそうです。

 実際問題として、何がすごいっていうと、およそ次の4つの点が上げられます。

1,固定電話、携帯電話への通話がおトク!約400万人と無料で通話!
 Windows Live Call by ドットフォンを利用すれば、「NTTコミュニケーションズが提供する050IP電話だけでなく無料通話先プロバイダが提供する050IP電話への通話は無料」。なんと、約400万人(無料通話先プロバイダ約280社)と無料で通話できるようになるんです。

2,どこからかけても同じ電話番号なのでとっても便利

 Windows Live Call by ドットフォンなら自宅からはもちろん実家のパソコンなど、どのパソコンから発信しても同じ電話番号が相手に通知されるので便利です。
 また、旅行先や出張先からも家族へ電話するときは、滞在先のホテルやネットカフェのパソコンからも同じ電話番号で発信できるのです。
 これってすごい機能だと思います。
 
 たとえばスカイプという似たようなサービスですと同じようにパソコンを使って電話をかけられるのですが、通知機能を使っても他のパソコンだと違う番号からの電話になってしまうのです。

3,海外出張に行っても国内と同じ通話料!

 これは、ついにここまで来たかっていう機能ですね。

 海外出張や海外旅行のときに、日本にいる家族や取引先におトクな通話料で電話したいですよね。
 Windows Live Call by ドットフォンを利用すれば、海外からかけても国内通話料(例:固定電話への通話は8.4円/3分)なのでおトクです。

 もっとお得なのは自宅がNTTコミュニケーションズが提供する050IP電話や無料通話先プロバイダが提供する050IP電話をご利用中の場合、海外から電話をかけても通話料は無料になるのです。すごーい!!!

 私の姉夫婦は現在海外に住んでいるので、早速この情報を伝えようと思います。

4,「転送・留守番でんわサービス」でどこでも電話を受けられる

 Windows Live Call by ドットフォンでは現在のところはPCへ着信できませんが(準備中なので、将来的には可能になるそうです)、「転送・留守番でんわサービス」を契約するとと、普段使っている電話番号に代わって「050IP電話番号」に着信して、携帯電話、固定電話へ電話をつないだり、メッセージ(留守番でんわ)センタでメッセージを受け取ることができるそうです。

 たとえば、自宅ではお客さまの固定電話で電話を受けたり、外出先の携帯電話で電話を受けとることができます(転送先を変更するためには、事前に「設定用ホームページ」で設定が必要となります)。
 しかも、常に同じ050番号で着信できるので、携帯や自宅の番号をまとめる自分の代表番号として利用できます。さらに、「転送・留守番でんわサービス」は今月(2008年12月)利用分まで無料なので、今なら無料で自分の代表番号を持つことができます(ただしWindows Live Call by ドットフォンの基本料、および転送料は別途必要となります)。

 ※今月いっぱいにWindows Live Call by ドットフォンを申し込まれると、もれなくイヤフォンマイクがもらえます。

 ※Windows Live Call by ドットフォンは月額210円(税込み)の基本利用料がかかります。

 ※詳しいことはこちらのサイトをご参考になさってください→こちら

 ※以上はプレスブログからの情報、およびNTTコミュニケーションズのサイトからの情報を参考にしました。

 
posted by ミムさん at 18:05| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック