2009年01月05日

節約・節制が清貧の基本

 一時期は飽食の時代と言われたけれど、この不況の時代に入り、無駄遣いをやめて節約することは何より生活の基本のように思えてなりません。

 母は戦前生まれだけに無駄な電気は使わないように電灯をこまめに消したりしているようですが、消し忘れやテレビをつけっぱなしで他の部屋で作業をするようなことが多いです。

 妻は掃除はあまりしないのに、洗い物や洗濯では病的にキレイにならないとすまないようで、給湯器のお湯がなくるくらいお湯を使い2時間くらいかけて夕食の後かたづけをします。

 エネルギーや資源の無駄遣いになるだけではなく、時間も無駄に使っているように思えてしょうがありません(頑固なので言っても聞きませんが)。

 今のような不況だからこそ、参考にして欲しいサイトを発見しました。その名も『かんたんにできる節約ガイド』です。

 こちらのサイトは一人暮らしの若者を対象にした“節約術”のサイトだそうですが、別に若者だけでなく、また一人暮らしでなくても十二分に参考になるサイトだと思います。

 こちらを参照ください→ここ

 我が家では、新聞の折り込み広告で裏が白紙のものは必ず切ってメモ用紙に利用しております。
 包装紙や紙袋も当然再利用しております。

 女優の松居和代さんも生活の知恵を沢山もっておられて、牛乳パックを小さめに切って、油汚れなどがきつい食器などはまずそれを使って大まかに汚れをとり、あとは重曹を使って洗えば洗剤なんか必要ないとおっしゃってましたが、たしかにいいアイディアだと思いました。

 さて、先にご紹介した『かんたんにできる節約ガイド』ですが、私が一番なるほどと思ったのは、落ちにくいスタイリング剤はシャンプー前にリンスで撃退というページです。

 ヘアスタイルを決めたいときに欠かせないのが、スプレーやワックスといったスタイリング剤ですが、このスタイリング剤をうまく節約して落とすにはシャンプーの前にリンスを使ったほうが効果的なんだそうです。なるほどねえ。

 “チリも積もれば山となる”ということわざ通り、日々の少しずつの積み重ねをみんながすれば地球の貴重な資源の節約にもなるし、経済的軽減にもなりますよね。

 日本語の素敵な言葉『もったいない』を合い言葉にして、エコを心がけたいものですね。



 


 

 


ラベル:清貧 エコ 節約
posted by ミムさん at 21:55| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。