2009年02月02日

ネコ好きは奥が深い?!

 突然で恐縮ですが、あなたは犬犬派それとも猫猫派?

 同じペット好きといえ、犬犬好きの人と猫猫好きな人はその理由が違うように思います。もちろん、両方好きでどちらも飼っておられるかたのおられるのは知っておりますが・・・。

 昔は、犬犬を飼う人の多くが犬は番犬になるからという人も多かったように思います。かたや猫猫のほうはというと、猫猫は鼠(ネズミ)を捕るからという理由も多かったように思います。昔の家にはそれほど鼠が多く、家の柱や家具をかじったりすることが多かったようです。


 しかし時代は移り、アパートやマンションに住む人も増え、吠える犬犬が近所迷惑だと嫌われるようになり、猫猫は自由に家から出たり入ったりで不衛生という理由で嫌われるようになったり・・・。

 誠実っぽい犬に対して猫は自由奔放、わがまま気ままな印象。でも、猫好きの人はだから「猫はいいんだよ、人に媚びないところがいいのだよ」と言う人が多く、かといえば、そんなことはないですよ、我が家の猫はとっても人なつっこく、思いやりもあるのよ〜という人もいらっしゃいますね。

 犬向けの缶詰より猫向けの缶詰のほうが豪華なようにも思えます。それだけ猫は犬よりグルメなんでしょう。

 ところで犬にもいろんな種類があるように猫にもいろんな種類がありますよね。日本でなんといってもお馴染みなのは、三毛猫だと思いますが、外国産の猫もいろいろ入って来ており、猫にも種類によりいろんな性格のものがいるようです。

 すでにを飼っているかたも、これからを飼おうと思っていらっしゃるかたにもお勧めの、楽しい好きのサイトがありますので、よろいければ見てみてください。

 その名も「ねこの種類のえらび方ガイド」と言います。

 の性格を知ることにより自分の周りの環境に合う、あるいはあなたが望んだタイプのが見つけられると思います。

 すでにを飼っておられるかたも、そのの種類の箇所をみることによりの性格等を知ることができるので、よりいっそう素敵な相棒としてつき合っていけるのではないかと思います。

 私がこのサイトを見て思ったのはの種類もかなり増えたんだなあということです。

 たとえば「飼い主と遊ぶのが大好きな猫は?」という項目に出て来る、ハバナブラウンメインクーンという種類はどちらも知りませんでした。

 メインクーンは“メイクイン”と最初は読んでしまい、ん?ジャガイモ??と勘違いしてしまいました。

 かたや、昔なじみのペルシャ、シャムといった種類の猫は「おとなしくクールなタイプの猫」のようです。

 昔、英語を習いに行っていたインテリの老婆のおうちにはペルシャが沢山いましたが確かに非常にクールで鳴き声もほとんど耳にしたことがありませんでした。

 「子供のいる家庭で飼うのに適した猫は?」なんてページもあり、興味深く読んでしまいました。

 当然のことながら、このサイトに書かれていることがすべてではありません。同じ種類の猫でも、やはり性格は十人十色ならぬ“十猫十色”です。

 我が家の猫ちゃんが一番という親ばかさん(?)も多いと思いますが、それも当然です。
 ただに関する知識を深めることにより、さらにとよりよくおつき合いできると思います。

 


 


ラベル:neko ネコ ねこ
posted by ミムさん at 22:30| 岡山 | Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しいサイトですね。ファンになっちゃいました。価格比較に関する情報を載せたサイトを運営していますので、よかったら遊びにきてください。
Posted by かなえ at 2009年02月06日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。