2009年02月17日

花粉対策にはまずはセルフケア

 今年は杉花粉の飛散も早いようで、すでに私もアレルギー症状が出ております。

 この時期、ホントにつらいですよね。
 
 なんと、花粉症の日本全国推計有病者数は約2,200万人なんだそうです。すごい数ですね。まさにこれは国民病ですよね。

 以前も書いたように私はかなり症状が激しいので、この季節はなるべく外出しないようにして、外に出る時は必ずマスクをして、帰った時はしっかり服についた花粉を振り払い、洗濯物も室内に干すようにしてもらっています。

 花粉症に効くというものはいろいろ試しました。ヨーグルト、ユーカリの葉、甜茶、シジーム茶、べにふうき緑茶・・・。

 結論からいうと、効くか効かないかは個人差があります。私の場合は甜茶のエキスはかなり有効でした。

 普通の緑茶もカテキンが入っているので効果があります。

 ただし、これを使えば、アレルギーがピタリと止まるというものではないのでご注意ください。

 症状がなかなか改善されない場合は、お医者さんのお世話になるしかないのですが、たとえば鼻の粘膜をレーザーで焼くと鼻炎の症状が数年間は緩和されますが、これも徐々にまた症状が出て来ます。

 やっぱり、医者にかかる前に自衛策としてのセルフケアが大切ですね。

 みんなで考えるセルフケアというサイトでは花粉症のセルフケアをなさっているブログが紹介してありますので、よろしかったら参考になさってみてください。



 ホントこの時期、目がかゆくてたまらないような時はできれば目玉を取り出して、洗面器につけてごしごし洗いたいくらいですよね。

 花粉アレルギーが目に出るかたは、アレルギー用目薬“アルピタット
”が効きますよ。

 “アルピタット”は、従来の市販されているアレルギー用目薬を2日間位使用して、十分な効果を得られなかった方、炎症を伴う目のアレルギー症状が続く方、目のかゆみだけではなく異物感、充血などの症状がある方にお勧めです。
 (注)医薬品は使用上の注意をよく読んで、正しくご使用ください

 何でも先日のニュースでは、花粉を全然出さない杉の木を開発しているとか。もっとも、その杉花粉が日本中に浸透するのは何十年も先になると思います。
 お互い大変ですが、花粉症の皆さん、しっかりセルフケアをしましょうね!!

 なお、鼻うがい(鼻洗浄)は鼻粘膜を傷つけることがあるので、要注意です。やめたほうがいいというお医者さんもおられるので、試してみても症状が改善されないようなら、やめたほうがいいと思います。専用のお薬も出ているので、試してみるのも一案だと思います。




 



 


posted by ミムさん at 18:40| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。