2010年08月30日

一番の元凶は鳩山由紀夫氏

 民主党の代表選、本当にやるんでしょうか?

 円高対策もままならないのに、次の代表選で選ばれたら1分1秒も無駄にせずに命をかけて(首相の)仕事をするという菅さんですが、そんなヒマがあったら今すぐ円高対策を行いなさい。
 菅さんは厚生大臣時代、薬害エイズ問題で国の責任を認めるなど潔い活動していたにもかかわらず、首相になってからは煮え切らない言動が続いています。

 小沢前幹事長は相も変わらず権力闘争の発信元のよう。

 しかし、一番難解なのは何と言っても鳩山由紀夫前首相でしょう。
 政治家たる者潔くしないといけないと、首相経験者がその後のうのうと政治家を続けて、政治的影響力を残すべきではないとの考えの下、次の衆院選には出ないと言っていたにもかかわらず、講演会の人たちにそのことを責められるとさっさと発言を撤回。
 菅氏支持の発言も、いつの間にか小沢氏支持に方向転換。なんたる節操のないボンボンなんだろうと人間性を疑ってしまいます。
 宇宙人とあだ名されるのはそういうつかみ所のないところにあるのでしょうが、敢えて言ってしまいます。この人でなしと!!

 今日は小沢氏と菅氏が直接会談をして、調整するというけど、両者の意見対立は激しく、国民無視の仁義なき戦いは当分続くのでしょうね。

 民主党って頼りないし、自民党以上に倫理観のない人たちの集まりだったんですね。

 雨降って地固まるということわざのように、この事件が今後日本のクリーンな政治に転換できる一件になるよう祈りたいです。



posted by ミムさん at 09:56| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。