2011年03月13日

福島第一原発事故で思うこと

 刻一刻と東日本の地震の被害が明らかになって行き、ため息ばかり。
 生存者がいると分かっているのに、陸の孤島になっているような地域が多く、なかなか救済できないもどかしさを現地で支援なさっているかたがたは痛感されていることだろう。

 それにしても、NHKだけでなく民放までこぞってCMも入れず終日地震に関する、同じような報道番組ばかり放送するのはいかがなものか?
 地上波では唯一テレビ東京系だけが今日からは九州新幹線の話題やアニメを流し始めており、視聴率が上がることだろう(こういう時期に不謹慎と批判する人もいるだろうが、視聴者の選択肢が増えることはいいことだと思う)。
 国民にとっては、地震のことも勿論気になるけれど、天気予報やほかのニュースも気になるのだ。
 被災地ではない人は休日くらい娯楽番組でゆっくりくつろぎたいはずだ。

 テレビ局が飛ばすヘリで、孤立する生存者の確認ができたというメリットもあるだろうが、ヘリの音がうるさく、生き埋めになっている人たちのSOSの声がかき消されるという指摘は神戸・淡路大震災の時にも指摘されたこと。
 生き埋めになっていた女性が救済されたあとのインタビューもリアリティを出そうと、執拗に質問して女性をわざと泣かそうという魂胆が見え見えだった。
 報道に過度の演出は不要なのだ。そしてマスコミが一番こころがけて欲しいのは、スクープより、正確な情報をいかに沢山伝えるかということだ。
 NHKはさすがにその点はしっかりしており、民放だと報道のテレ朝と言われているだけあって他を抜きんじているように思える。

 気になると言えば、福島第一原発は発生から1日で炉心溶融という事態に至っている。何もかにもが「想定外」と責任者は言っているが、放射能漏れは最悪多くの住民たちの死を意味するのだから平常時から、「想定」内の枠を広げた危機管理というものを徹底しておいて欲しかったと思う。
 東京電力はチェルノブイリやスリーマイル島やもんじゅの事故の教訓をどこまで真摯に受け止め、対策を研究していたというのであろうか?
 情報は後手後手で、明らかになる情報はあまりにもいい加減。東電広報担当の記者会見での記者からの質問にもしどろもどろ・・・。
 正確な情報があまりに少なすぎる。

 私は、こと原発に関しては以前から、絶対反対の意見だった。
 時々電力会社から原発の重要性と安全性を認識させようとして採るアンケートにも否定的な回答を繰り返して来た。最悪は第二次大戦の広島や長崎と同じようになってしまうのだ。

 この東日本の地震対策で菅政権がしっかりした対策とイニシアティブを取れば、人気回復にも結びつくだろうと思っていたが、原発対策をみるかぎり期待を大きく外れている。枝野官房長官の記者会見は言葉を選びすぎて、何が言いたいのか分からない消極的なものに思えた。

 マグニチュード8.8(その後、気象庁はM9.0とまた訂正したようです)という世界でも有数の大地震は想定外のことが多すぎたといえばそれまでだろうが、これまでも世界ではM9.1という地震も起きていたという(スマトラ島沖地震)。想定するのなら、その規模の地震までをすべきだったろうと思う。

 この地震は多くの教訓を残すことになるだろうが、その犠牲の代償があまりにも大きすぎる。
 今後も一人でも多くの命が救われ、最悪の事態が起きることが1つでも少ないことを祈ることくらいしか私にはできない。
 義援金などの問題はそのあとの別問題として考えるべき大きな問題。


ラベル:福島第一原発
posted by ミムさん at 10:04| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。