2012年04月17日

住居表示その後

 先日の日曜日、町内会の総会があり、出席しました。出席者は65名程度。
 新年度ということもあって、前年度の会計報告とその承認のあと、新役員の紹介があり、1時間ほどたって岡山市の担当者が来て、「住居表示」の整備の説明がありました。

 お役所の人ってなんであんなに無駄なお話をするんでしょうね。
 そもそもなぜ住居表示の整備が必要なのかという肝心なお話は省いて、いきなり具体的なお話。
 それじゃあ、納得しようがない。
 ある人はそんなお金があるなら、大雨が降るたびに水没してしまう道路の整備に使えと言葉を荒げて言いました。
 たしかに、そういう反論はあると思いますけど、担当課が違うので、参加した市の職員に言っても無駄だと思いました。
 なので、私が「やはり、住居表示の整備が必要な理由を簡単でいいので説明してください」といい、町内会長さんもそれがいいですと同意したので、説明が始まりました。
 しかし、この市の職員は今度は住居表示をする場合の番地の振り方というような詳しいことをいちいち説明し出して、またうんざり。この人は限度というのを知らない。
 実はうちの町内会で説明会をする前に両隣の町内会ではすでに説明会が済んでおり、西隣のN町内会は住民の9割以上が戦後になって移転して来た人々ということと、住居表示が「N」という地名を生かしたものになっており、基本的に住居表示の整備に合意の意向を示したそうです。
 逆に東隣のO町内会は農家の人々を中心に古くからその土地に住んでいることから「O」町内会属する地域の地名を替えることは一部の地域であってもまかりならん、という意見だったそうです。

 こうも両極端になるっていうのも、おもしろいですね。
 
 で、うちの自宅は地名は「O」なので、「O」町内会の意向を汲むと地名変更はされない地域になってしまいます。
 そこで岡山市は今まで我が家の東にある南北に通る道を住居表示の境界線にしていたのを、新たに我が家の西にある道路を境界線にする案を提案しました。
 こうも簡単に計画を変えてもいいのかなあと思うくらいいきなりの案です。もっとも、この新たな案だと我が家は住居表示が整備されても今まで通り「O」という町名は変わらないのですから、ありがたいといえばありがたいのですが。

 市の職員は強行に住居表示を整備しようとしているのかと思えば、「今はカーナビや携帯ナビの普及によって、住居表示をしなくても、住所がわかりやすくなって来ていますし、かつては強行に住居表示をして来た時代もありましたが、住民の意向を無視して行うって裁判になっていることもありますので、住民のかたがたの意向を無視してまで住居表示を行うようなことは致しません」と言われた。

 うーん、なんか最初の頃と話が変わって来たぞ。
 町内の人々で意見を述べる人たちの中では1,そもそも住居表示を整備して住所や番地が変わること自体その後の手続き等が面倒で反対という人、2,変更されようという表示がおかしくて反対、3,「O」の地域に住んでいるからその地名が変更されるのがいや、など様々な反対があって、統一性がないこともたしか。
 
 総会とはいえ、各班の幹事さんは出席できない人たちの委任状を受けて来てはいるものの、このような大事なことを今ここで自分たちの責任で結論を出すとあとで何を言われるかも分からないというような責任論を問題にして、結論を先延ばしにしようという意見が大半となりました。

 先日、私が電話してむかついた町内会長さんは、電話の時とは全く逆のようなやさしい態度で、「私もこの話は時間はかかっても町内の人の多くが納得がいく方向でじっくり話し合ったほうがいい」と言われた。
 この180°と思えるような翻意は、会長さんがかつて岡山県の役人であったことと関係があるのかも知れません(苦笑)。

 住居表示問題では、孤立奮闘かと思って出席した総会だったのですが、なーんかあっさりと話し合いはじっくりという結論になって、拍子抜けしてしまいました。
タグ:住居表示
posted by ミムさん at 17:59| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私も岡山市に住んでおります。
岡山市のサイトにまた変更点が載せられていますが、今度はT島N井1丁目〜4丁目案と反対する住民が多い地域の境だけ変更した物になっているようですよ。
気になったので問い合わせて突っ込んで聞いてみると、市政便りに一切この話は載せなかったこと、連合町内会からの要望という事らしいです。(会長の話を聞くから教えて下さいと質問したら「もう話は前に進んでいるから一切教えられない」と言われました)
おそらく上の方だけで、公の補助金でも動く話がまとまっているんでしょうかね?それを岡山市側から振ったりしたこともあるんじゃないでしょうか、憶測ですが。

O地域もそうですが、その学区は歴史的な価値が非常にあるところなので、小字が消えるようなことは一切して欲しくないのが本音です。一度消えると小字の復活は無理ですから。

余談ですが、Oにある冷泉の話を職員に振ってみて下さい。冷泉のことも知りません。そのような方に勝手に住居表示を変更されるなんて、岡山市の恥だと思いました…問い合わせてみて。

駄文失礼しました。
Posted by 一応岡山市の住民 at 2012年09月11日 15:50
 書き込みありがとうございます。次の住居表示整備のターゲットになる雄町にもその一部が今回の表示名変更の計画に含まれていたので、市の担当職員が雄町の町内会の幹部と話したところ、「雄町は歴史ある地名なので、一部であってもその地名を変更をするのは一切まかりならん」との意向だったので、雄町を含む区画は今回の計画から除外されたようです。
 それにしても、今回の住居表示が市民のためであるのであれば、情報公開に制限をかける市の姿勢には大いに疑問を感じますね。
 書かれているように何らかの受けからの意向があるという推測も十分成り立ちます。
 それに住居表示の整備は普通は中心から周辺へという流れになるのに、なぜこの地域だけが早々と住居表示の対象とされたのかも謎です。
 市の担当者の話ではある住民のかたの要望と言ってましたが、大地主とか土地の利権に大いに関わっていると考えると素直に納得がいくのです。
 昔から岡山市はいい道路ができると思ったら、市長の自宅へ続く道だったなんてことも少なくないようですから、そういう市の関係者の利便とも推測できますが。
 いずれにしても、今回の計画、「住民の便宜」というのはあくまで建前の感おおありです。
Posted by ミムさん at 2012年09月11日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック