2012年09月13日

次の選挙で自民党は与党に復帰できるのだろうか?

 民主党も自民党も国会はほったらかしで、次期代表選の話題沸騰のようだ。

 民主党は期待された細野氏が東北復興の職務優先を理由に代表選への出馬を辞めたことで、野田氏再選がどうやら固いようだ。
 出馬を辞めた本当の理由は準備不足のようだ。
 しかし、細野氏は東北の危機を憂うより、民主党のていたらくを心配すべきではなかたのか?
 野田氏が代表では次の総選挙は勝てないのはみえみえなのに、野田氏を再選せざるを得ない、人材の少なさは民主党の層の薄さを露呈しているようだ。

 これに対して、次の与党復帰が濃厚と見越してか、自民党の総裁選は百花繚乱・・・。
 下野した際に貧乏くじを引いた谷垣総裁は今回はお払い箱で、次の総理大臣の椅子が狙えると思いきや、この乱立ぶりはいかがなものか?
 石原幹事長などは、総裁をサポートすると明言していたのに、長老たちがサポートしてくれるという話になった途端、谷垣氏を蹴落としての総裁選立候補とは虫がよすぎる。
 
 自民党は野党にいた間、一体何を反省し、党内の何を改革したというのか?
 今回の政権奪回のチャンスは民主党の失政による棚ぼたのようなもの。
 
 長老が院政支配をするような体質はまるで変わってないし、大同団結はしないといいつつ、消費税を民主党とともに可決しておきながら、それを批判して他の野党から出された、参院での問責決議にはみずからのことも問われているのに、厚顔無恥にもこれに乗って、賛成してしまうという日和見主義・・・。

 こんないい加減な政党に日本の政治をまかせていいのだろうか?
 
 安倍氏にいたっては、維新の会との連携を視野に入れての代表選への立候補という。
 政権を投げ出し我が国の政治混迷を作り出した張本人の一人が、今こそ復活の契機とばかり手を挙げるというのはいかがなものか。
 
 最初から国政での立場を有利にすすめるために、現国会議員を次の公認候補に入れた日本維新の会のずるがしこさにも腹が立つ。
 国政に新しい流れをもたらそうというのなら、初めから既成政党の議員を入れてのスタートは濁った血を混ぜたスタートであって、新鮮さは薄らぐ。
 結局、あの党はハシズムと揶揄される橋下氏の言いなりの感があり、橋下氏と意見が合わない者は今後もばっさり切られてしまいそうで、民主主義とはほど遠い党と感じる。

 カリスマ的指導者を国民が欲する時代は不幸な時代と言われるが、毎年のように総理大臣が替わって来た日本を動かしていくためには、独裁的為政者の危険性を承知の上でも、その人に期待するしかないのだろうか?


posted by ミムさん at 09:40| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。