2013年03月23日

世の中のなかなか目には見えない恐ろしい陰謀

 何かと物騒な世の中ですね。毎日のように殺人のニュース報道。親子で殺し合いをするようなニュースもあったりで人間の本性が信じられなくなることも、しばしば。

 利権争いなのか、権力闘争なのか、目に見えないような、プレッシャーが突然かかるようなケースが少なくないのも、この世の中。

 勝谷誠彦さんが突然「やしきたかじんのそこまで言って委員会」を降板させられたのも、どこからか大きなプレッシャーがかかったことが原因のよう。

 そういうプレッシャーをかけて来る人は、自分で表舞台に出ずに誰かを操り人形のように使って迫って来る。

 実は私も、最近、最初は仏様かと思うくらいいいと思える人が現れたのですが、これが信じられないくらい怖い女狐でしして(あまり特定できることを書くとスナイパーから狙われそうなので書きませんが)、私の仲間を洗脳して、私を悪者に仕立てようとしています。

 世の中って、きっとこんなこと山のようにあるのでしょうね?本来、賞賛されるべき、いいことを行っている人が目に見えない力によって悪者に仕立てられて、葬られてしまう。

 必殺仕置き人でもいるなら、頼みたいくらいです(苦笑)。
ラベル:勝谷誠彦
posted by ミムさん at 09:24| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。