2013年03月31日

維新の会は自民党の補完政党なのか?

 最近、維新の会のやっていることは本当に理解できなくなりました。やっぱり太陽の党と一緒になっておかしくなってしまったのではないでしょうか?

 憲法改正論議はいいけど、石原共同代表の唱えているのは現行憲法の破棄。破棄ってことはとりあえず、明治憲法に戻すってことですから時代錯誤も甚だしい。
 それでは右傾化もますます進み、近隣諸国との軋轢が酷くなるばかりでしょう。

 どうせなら、自民党と一緒になってもらったほうがよほどわかり易い。今まで維新の会を支持していた人たちが一体今後もどれだけ維新の会のいうことをきくのでしょうか?

 大阪の政治はともかくも今は国政に関しては橋下共同代表の意志はほとんど反映されなくなっていると言っていいのではなかろうか?維新の会を暴走老人の好き勝手にさせてよいのでしょうか?
posted by ミムさん at 16:02| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。