2013年04月21日

世代の違い

 高度成長期を経て生きて来た世代にとっとは、景気は冷え切って、世界的にみても、日本は中国や韓国に比べると経済や産業でもかなり成長が低迷していると感じます。
 だからこそ、今の若者は未来に希望がもてず不幸で可愛そうなどと思ってしまいます。

 しかし、今の若い人々は昔の豊かな日本というのを知らずに育って来ているので、それが当たり前、だから自分たちが不幸だとあきらめているということすら思わないようです。

 むしろ、ゲーム機で好き勝手に遊べる、インターネットもどんどんつながって便利、お金さえあれば欲しい物はいろいろ買える、恵まれた人々なのだと考えることもできるでしょう。

 だから今の世の中には野望など抱かずに堅実に生きると考える人が多いのだそうです。

 ベンチャー企業を起業して、ホリエモンのようにIT企業でバリバリやりたいなどという人は少ないようです。真面目に就職して、食いっぱぐれのないように働ければ十分と考えているようです。

 閣府の「国民生活に関する世論調査」(2011年度)では、20代の約73.5%が現在の生活に「満足している」「まあ満足している」と答えています。

 不況に対する不安、原発問題への不安、北朝鮮への脅威などなど、漠然とした不安はあっても、具体的な不安や絶望感はない・・・それが今の若い人たちのようです。
 お金が十分になくても、生きていけることができればいい。・・・なんとなくむなしい気が私などはするのですが、それが今の若い人たちの価値観なのでしょう。だから、「若者よ、もっと頑張れ!」などと励ます必要などないのでしょう。
posted by ミムさん at 14:48| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。