2014年02月13日

佐村河内守氏へのマスコミの袋だたきの仕方がどんどん過激になっている

 今や朝から晩まで叩かれ通しなのが、ゴーストライターを使って作品を発表しつづけて来た佐村河内守氏。
 彼のやったことは決していいことではないが、それにしても、マスコミは子どもの頃の友人の証言まで聞きつけて、昔からずっと嘘つきだったということを示したいようだ。
 非常に疑問に思うのは、ゴーストライターが記者会見をする前から、佐村河内守氏の過去の行状は調べれば分かっただろうし、昔、ロック歌手としてデビューしようとした頃の話は、彼をオーディションしたプロデューサーの証言などは取ろうと思えば取れただろうに、今まで多くのマスコミは佐村河内守氏を「現代のベートーベン」などと持ち上げていたのに、今になって手のひらを返したように酷評するのはあまりにもひどい。
 私も佐村河内守氏が登場するNHKのドキュメントは見たけれど、正直彼の作った曲には心が全くときめかなかったので、彼の作曲したCDを買おうという気にも全くなれなかったし、彼の才能にも関心がなかった。
 目が見えないとか耳が聞こえないというだけで、ハンディをもっているのにすごいというのはある意味「偏見」だろう。多くの人は障害があるというだけで、同情があるのかいい意味でも悪い意味でも色眼鏡をかけてみようとする。
 それが評価をゆがめる要因になるのだろう。
 ここに来て、佐村河内守氏が作ったという曲も「全然たいしたことはない」現代音楽の作曲家の曲のいいとこ取りみたいだというような評価を耳にするようになった。
 批判をするのはいいけど、なぜそれを今になって急に言い始めるのだ!
 多くのマスコミの良くないのは、この「みんなで叩けば怖くない」精神だ。
 自分たちの利益になるものは、悪くても目をつぶって持ち上げるのに(たとえば「AKB商法」というたとえはネットなどでは、 アイドルユニットAKB48特有のオマケ商法を揶揄した言葉として一般化しているのに、AKBの悪口を言えば、AKBに出演してもらえない、インタビューできない、など自社に不利益があるとして、ほとんどのマスコミはこのことに関してはほとんど批判しない)、自社に利益がないような団体や個人は平気で攻撃する。
 これが資本主義の弊害の最たるものだろう。
 テレビでも、スポンサーにはあまりなることがないような、国や地方公共団体の作った道路やビルなどの不便さなどはどんどん調べて、修正を要求するのに、CMをくれるJRやその他の私鉄の不便さはあまり取り上げない。
 この点、NHKが公平かと思いきや、国の助成金がないとやっていけないのか最近は特に安倍総理大臣のご機嫌取りばかり始めてしまった。でも、あまり安倍総理のご機嫌取りばかりしていると、視聴者は視聴料の不払い運動が大々的に始まるぞ!
 我が国では表現の自由が憲法で保障されているものの、今まではその多くをマスコミが独占しているために、一般庶民は言いたいもともあまり自由に表現することも出来なくなっていた。
 インターネットが普及して、こうして簡単にブログに書き込みができるようになって本当にありがたいことだ。マスコミはインターネットの普及で視聴率・聴取率・販売数が低下して来るので、インターネットを目の敵のように扱うマスコミも少なくないが、自分たちが怠惰に「視聴率至上主義」で甘んじて来たツケを反省もしてないのだから始末が悪い。
 そういえば、ちょっと話はズレますが、昔は夕方にアニメの再放送をよくしてたのに、最近は水戸黄門の再放送なんかを沢山してアニメなんて放送しなくなったのも、この視聴率と無関係じゃないのかな?
 つまり、少子高齢化で子どもの人口は減って来て、お年寄りの人口がどんどん増えて来ていることと無関係ではないのだろうな、と思うのだ。
posted by ミムさん at 21:57| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。