2014年06月24日

自由と言われている日本国内の危険性

 ご無沙汰です。

 平和ボケしてしまった日本は、一度中国とでも戦争すれば平和のありがたさが分かるかも知れません。
 私は戦後生まれなので、戦争の悲惨さは両親の話や本や報道のことなどでしか分かりませんけど、平和のありがたさは理解しているつもりです。
 中学生の頃は、憲法9条があるのにどうして自衛隊があるのか?と疑問に思っていたくらいです。

 それがここに来て、集団的自衛権の名の下に自衛隊が日本を守るためではなく戦争ができるようにしている。
 戦争なんて勝てば官軍・負ければ賊軍、勝ったほうが正しいという理屈になるのがこれまでの常。

 日本本土が戦場になって多くの日本人が犠牲になって、戦争を知らない若い世代の多くが初めて平和のありがたさを分かるのでしょうか?

 今の自民党の政府の暴走を見ていると、二大政党の国である、アメリカやイギリスがつくづくうらやましいと思ってしまいます。
 今の日本は自民党政権にとって代われる頼もしい野党なんて1つもない。

 景気回復のためとはいえ、自民党を圧勝させてしまった国民にも責任があるとは言え、右へ右へと舵取りをする安倍総理大臣を誰も止められないもどかしさ。

 やっぱり、1つの政党に議席を与えすぎると、ろくなことにならないということを改めて感じます。
 安倍さんの怖いところは、立憲民主主義を無視するところ。安倍さんは否定するけど、かつてのナチスと似たようなものだと私は思います。
 増税はどんどんやろうとするのに、法人税だけは下げて、大企業の有利を図るその戦略は資本主義の弊害そのもの。

 資本主義社会は、言いたいことは言えるというけれど、それも秘密保護法で取り締まろうとしている。

 もっとも、報道の自由とは言え、たとえば「ジャンクフードを沢山食べている人は癌の発症率が高い」などという真実をマスコミはほとんど報道しようとしない。なぜなら、ジャンクフードやファーストフードを提供する外食産業が多くのマスコミのスポンサーだからだ。
 食肉偽装問題が出ても、東京ディズニーランドのホテルがそれをやっていたこともほとんど知られていないし、食中毒もしかり。多くのマスコミは東京ディズニーランドを悪く書くことで取材拒否されることを恐れているからです。
 AKB商法と言われるおまけ商法も公取委からは厳重注意を受けているのに、マスコミはそれを叩こうともしない。にせかけ人気のAKBに出演拒否・取材拒否をされれば視聴率や雑誌の売上げに響くとビビっているからだ。
 だからこそ、人気投票は握手会のために、同じようなCDを何枚も買わせるAKBが昨年のCDの売り上げの10%にもなっているのだ。

 このように、残念なことに、我が国民の多くが、自民党政権とマスコミに踊らされている。
 おとなしくしてないと、マスコミはすぐに袋だたきを始めるから恐ろしい・・・。
 ブログで言いたいことを書くのがせめてもの庶民のささやかな抵抗だ!!
posted by ミムさん at 14:46| 岡山 ☀| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする