2014年11月04日

グッピーが急におとなしくなった

夏に母が金魚と勘違いして、道の駅で買ったグッピーを飼い始めて、はや3カ月目。

 あまりに増えすぎるので、メス数匹を別の場所に移して飼っていたのだが死んでしまった。
 こういう場合はお墓でも作って埋めてやるという手もありでしょうが、我が家では、一緒に飼っているエサにしたほうが輪廻、自然の摂理という意味で有効と思い、わざと死骸は放置しておくことにしていた。

 今回は死骸となったところではエビがいなかったので、エビのいる水槽にグッピーの死骸を移してやったところ、それまで元気だったグッピーたちが急におとなしくなってしまった。
 特に病気になった訳でもないのだと思うけど。

 グッピーも仲間の死を悼んでいるのだろうか?

 ネットでそんなことがあるかググってみたが、書いている人もいなかった。
 数日すればまた元気になるのだろうか?
posted by ミムさん at 14:04| 岡山 | Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。