2009年02月26日

メタボなんて怖くない!!

 職場にお勤めのかたなら、昨年はいわゆる「メタボ検診」をお受けになったと思います。

 日本では40〜74歳男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームまたはその予備軍だと考えられているそうです。でも、昨年から始まった「メタボ検診」を機に肥満予防や運動不足解消に努力されているかたは多いと思います。

 私も、このブログに書いた通り(カップ麺ダイエットの勧め)カップ麺を上手に食べることによってダイエットに成功しました。

 人それぞれやり方は違うでしょうが、体質とか遺伝とかに関係なく、努力すればメタボリックシンドロームを解消することはできると思います。

 その際は、こちらのサイトが参考になると思います。

 『メタボリック解消ガイド


 この中の“1日1分でも運動する価値はある”の項目にはこのような表記があります。

1 内臓脂肪を効果的に燃やす有酸素運動
有酸素運動のなかで、一番のおすすめがウォーキングです。ウォーキングというと、毎日1万歩以上歩かなければならないといったイメージがありますが、そんなことはありません。毎日ではなく1日置きでもいいですし、週に3日でも内臓脂肪は確実に燃焼します。また、1万歩も歩くためには1時間以上の時間が必要になりますが、少し息が弾む程度であれば、5分でも10分でも20分でも問題ないのです。
つまり、わざわざウォーキングのための時間を作らなくてもいいわけですから、仕事の行き帰りに歩いたり、いつも行くスーパーまで少し遠回りしたりするだけでも大丈夫ということです。
たとえ1日5分でも、歩くことを習慣にしていると、次第に心肺機能が高まり筋肉が鍛えられて、「あれっ?もう少し歩けるかも」と思う日が必ず来ます。そして、「歩くと気持ちがいい」とか「気分がよくなる」と感じはじめたらしめたもの。最初はやっとの思いで5分間歩いていたはずなのに、歩かない日があるとなんだか物足りない気がしてくる。そこから10分、20分、1時間と自分の体の状態にあわせてウォーキングすればいいのです。
義務的にイヤイヤ運動をしても意味がありません。そんな運動のしかたでは苦しいだけで絶対に長続きしません。最初は「気分がのったとき」「やる時間があるとき」「体を動かしたいと感じたとき」に少しでも運動してみてください。毎日、必ず運動しなければならないといった思い込みが、失敗につながるのです。
ただし、1日に歩く歩数は直接ウエストとヒップのサイズに関係し、1日に5000歩以下しか歩かない人は肥満する傾向にあるということだけは覚えておきましょう。


 私も時間があればなるべく歩くようこころがけております。エレベーターやエスカレーターもなるべく使わないようにして、階段を使うようにしています。

 老いは足からとも言いますから、老け防止のためにもウォーキングをすることは大変いいことだと思います。

 歩くということを楽しいと思えるようになれば、人生の楽しみもずっと増えるというものです。だって、いくら自動車が好きだからと言って、家の中まで車を乗り回すというのは普通できませんものね〜。

 また、「食」に関して、太っているかたは一番悩みが大きいと思いますが、このサイトの“辛くて苦しいダイエットはしたくない!”という言葉は、食べる人が好きな人にはうれしい言葉ですね。

 その中にはこんな風に書いてあります。

200人のうち199人がダイエットを失敗する?

メタボリックシンドロームを改善するためには、とにかく内臓脂肪ででっぱったお腹をなんとかしなければなりません。つまり、ダイエットすることが絶対条件ということです。
しかし、「色々なダイエット方法があるけれど、どれを実践したらいいのかわからない」「ダイエットは何度も挑戦しているけどいつも失敗している」「食事制限をしたら3〜4kg落ちたけど、すぐにリバウンドしちゃった」といった経験をしている人は少なくないはず。
その証拠となるかどうかは定かではありませんが、アメリカのワシントン・ポスト紙の調査では、過去70年間でおよそ2万6千種類のダイエット方法が考案されていることがわかりました。しかし、ダイエット方法は過剰なほど考案されているにも関わらず、どのダイエットを実践しても成功率はたったの5%。200 人がダイエットをした場合、10人しか成功できない計算になります。しかも、10人の成功者の中で体重維持をできたのは1人きり。なんと、0.5%の人しか本当の意味でダイエットに成功できなかったのです。
199人がダイエットに失敗した理由は「続けられなかった」から。どんなタイプのダイエットでも最初はある程度の体重ダウンは望めますが、続けられないことが失敗につながっているということです。
ワシントン・ポスト紙の調査が信頼できるかどうかはなんともいえませんし、日本でダイエットに成功した人の統計というものが存在しないため、この数字が絶対であるとは言いきれません。しかし「食べたいものをひたすらガマンする」とか「激しい運動を毎日続ける」ような、いわゆるガマンと根性を要求されるタイプのダイエットが続けられないのはあたりまえです。仕事や人間関係でストレスを抱えている場合には、そのうえに食べることも辛くて苦しくて、嫌々運動をする生活がプラスされるのですから続けられるほうがどうかしています。


 続けられないダイエット法でたとえ、痩せたとしても、結局リバウンドしてもとに戻るという場合が多いと思います。

 ダイエット方法の選択は、自分に合った方法を見つけることがダイエットを長続きさせる秘訣ということですね。

 痩せようと決意したなら、一生続けられると思えるような方法を選ぶのがいいと思います。
 一度にどっと痩せるより、少しずつでもいいので着実に痩せられる方法を選ぶのが長続きすると思います。

 それから、言い訳をなるべくしないということもダイエットを長続きさせる秘訣ですよ!

 

 

 
posted by ミムさん at 19:29| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

カップヌードルでダイエット!!

 以前、カップ麺ダイエットをしているということを書きましたが(こちら参照→こちら)、この度日清食品は来年1月5日からカロリーが従来のカップヌードルより半分以下(198キロカロリー)の即席めん「カップヌードルライト」を発売すると発表しています。

 日清食品の関連ページ→こちら


 私もカップ麺ダイエットを実践して来た身ですので、歓迎です。ちょっと心配なのはハルサメ麺などと同様お腹が空きやすいのではないかという点ですが・・・。
 製法をみてみると、油の使用を少なくして、しかも小麦粉の使用量を減らして、食物繊維を入れることによって、カロリーを押さえているようです。
 価格がちょっと高めの170円(希望小売価格)っていうのが気になりますが。

 これと関連して気になることは最近、不況のせいか、サラリーマンの平均昼食代が7年前と比べて180円ほど減り、約570円に下がっているとのことです(この点に関してはこちらを参照ください→こちら)。

 都会ですとワンコイン(500円)でランチが食べられるお店も結構出て来ていますが、なかなか職場以外の食べ物屋さんで500円ってところはないですよね。

 皆さん、スーパーやほか弁でお弁当を買ったり、カップ麺で我慢したりなさっているようです。

 当分、景気回復は望めそうにないのがつらいですね。



 
posted by ミムさん at 07:42| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

リバウンドしないダイエット方法とは?

 以前このブログで私の編み出したカップ麺ダイエットの方法に関して書きましたが(こちらを参照ください→こちら)インターネット検索で調べてみると(私のモノマネという訳でなく)結構これを実践している人も多いようで、かなり理に適ったダイエット方法ではあるようです。

 でも、かつて芸能人もダイエットに挑戦し、いろんなダイエット本を出してましたが、最近また太ったという人も多く、結局リバウンドして元の木阿弥ってことになってしまっているようです。

 だから最近のダイエット方法は無理して痩せるのではなく体質自体を改善してリバウンドしないという方法が主流になって来ているそうです。

 私もカップ麺ダイエットで量を沢山食べられなくなったってことも体質改善の一種といえるでしょう。

 今も食べ過ぎないように気をつけています。

 でも最近ちょっと痩せ方が停滞して来てるので、またダイエットしなければ・・・。少し家の周りを散歩するなどしましょう!!

 でも寒い時期のダイエットって難しいですよね。鍋料理もおいしいし・・・。

 特に12月は忘年会が多く、お正月は寝正月ってことになるとついつい太ってしまうシーズンですので、気をつけないと・・・。



posted by ミムさん at 19:42| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

カップ麺ダイエットの勧め

 最近流行のアフェリエイトですが、これで売り上げ効果が高いのが、アダルト(出会い系サイト等も含む)とダイエット関係なんだそうです。

 テレビで森公美子さんが行ったという朝食バナナダイエットで効果があったと放送されると各地スーパーでバナナが飛ぶように売れたというのは記憶に新しいところです。

 関西テレビの「あるある大辞典」でデータがねつ造されて放送された、納豆ダイエットの放送後は、納豆がこれまた飛ぶように売れてましよね。

 ダイエットの仕方は人それぞれで、いろんなダイエットがあると思います。要は自分に合ったダイエット方法を行うことが一番で、効果はそれぞれ人によって異なると思います。

 でも、本当に痩せたいなら、「絶対痩せるぞ!」という強い信念を持たないと挫折してしまうことは確かです。

 実は私もメタボと言われ、一番太った時には85kgまで体重が増えてましたが4ヶ月ほどで10kgほど痩せることができました。

 皆さんの参考になるかどうか分かりませんが、無理のない痩せ方だと思うので、そういう方法もあるんだと読んでいただければ幸いです。

 その方法をお知らせする前に言っておきたいことは、一度にたくさん痩せようと思わないことが大切です。

 ご存じと思いますが、データ的には1ヶ月で痩せる量は3kgが限度と言われているようです。それ以上痩せてしまうとリバウンドが怖いので、逆効果になると思います(経験あり)。

 それと仕事をされているかたは朝寝坊をしてついつい朝食を抜いてしまうっていうのが習慣化されているってかたも多いと思いますが、1日の摂取カロリーが同じなのであればそれを何度かに分けて食べたほうが身体にもいいですし、太らないです。
 よく例に出されるのが、相撲取りのかたは1日2回しか食事をしないということです。

 ですので、午前中に元気を出すためにも朝食はしっかり摂ってください(野菜ジュースだけでも結構ですので)。

 ではお待ちかねのダイエット方法をお知らせします。
 マジで本を出したら?と仕事仲間に勧められたので、公開は期間限定になるかも知れませんのでお早めに!わーい(嬉しい顔)

 私の場合は、平日のランチがほぼ毎日外食だったのをカップ麺1杯に替えただけ。よく噛んでゆっくり食べて、スープはあまり飲み過ぎないこと。
 200cc程度の野菜ジュースを飲んでもいいです。

 カップ麺ばかり食べていると腎臓壊すと言われたりしてます
が今のところ私は大丈夫です。
 カップラーメンばかりだと飽きるので、うどんにしたり、ソバに
したり、焼きそばにしたりバリエーションを楽しむといいでしょう。
 この方法に替えたお陰でそれまでランチに使っていたお金が半分以下になったという、副次的な効果も出ました。

 ただし、こんにゃく麺はやめたほうがいいと思います。満腹感が得られず、まだ何か食べたくなり逆効果になる可能性が強いからです。

 最近はカップヌードルから農薬が見つかったというニュースが報道されているので、心配な部分もあります。
 もし一口食べて、いつもと違う味がしたり、異臭がしたら食べるのはやめてくださいね。

 効果を上げるために朝晩、カップ麺っていうのも健康によくないと思いますので、カップ麺は一日1回にしてください。

 なお、昼食は必ずカップ麺にしないといけないという制約はありませんよ。会社の同僚とランチすることがあっても問題ありません。おつき合いで、どなたかとランチを一緒にすべきときもあるでしょう。

 その時はご飯やおかずをもったいないと全部食べず、残す勇気を持ちましょう(ガストやすかいらーくなどで、ご飯大盛りで頼んでも料金は変わらないからとついつい大盛りを頼むのはもってのほかです)。

 ランチを一緒した人に「あまり食べないんだね?」と尋ねられたら正直にダイエット中だということを話しましょう。それでも無理に食べろという人がいれば、今後はその人との交友をたってもいいでしょう(笑)。
 ふつうはそういうと、理解してくれます。

 あとはランチのあとゆっくりでいいので散歩を20〜30分ほどする(雨等でできない場合は、軽い柔軟運動でもいい)これだけです。

 仕事のない日のランチは今まで通りでいいです。

 私は胃が小さくなったので、あまり量が食べられなくなりましたが。実際には、食が細くなったから本当の胃が前より小さくなるっていうことはないそうですが、身体が少しの食事で満足することに慣れて来ると、食べる量が少なくてもだんだん満腹感が得られるようになることを俗に胃が小さくなると言った表現で代言しているようです。

 朝食と夕食は普通に摂ってもいいです(夕食は多少増やしても
いいくらいです。私は夕食に食べるお米の量は以前より増えたくらいです。ただしデザートはほどほどに)。

 効果を知るために毎晩、決まった機会に体重計に乗りましょう。私は入浴後に、ヘルスメーターに乗ることにしております。
 怖くて体重が測れないというかたはその時点で、真剣にダイエットする気がないと思います。

 増減に一喜一憂する必要はないですが(私も1日で±1kgくらいの増減は当たり前のようにあります)、効果を知ることがダイエットの基本です。食べたものをすべてメモするだけでもダイエットの効果があると言われているのは書くことで、無意識のうちにでも、今日はこんなにも食べたんだ!もう少し減らさないとという反省の意識が働くからだろうと理解しております。

 くれぐれも無理なダイエットをしないように。

 お酒の好きなかたは、お酒自体にも結構カロリーありますし、酒の肴もバカになりません。
 たくさん飲んでたくさん食べたら、ご飯は減らすとか、次の日はお酒をやめて休肝日にするというような節制が必要だと思います。

 極言するなら、今までの摂取カロリーを減らせば、痩せられるってことですね。

 皆様のご検討をお祈りします。

posted by ミムさん at 09:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする