2013年11月21日

「時計屋の娘」ーいい演技・いい作品は純粋に評価されるべきでは?

 先週の月曜日の夜、TBS系で「時計屋の娘」という2時間ドラマが放送されていた。
 とある田舎町の時計屋の主人のところに若い娘が母の形見の時計を直して欲しいと現れる。その時計屋の主人の腕はたしかで、修理にかけては日本中で右に出る者がいないと思われるような凄腕。この時計屋の主人を演じるのが渋い俳優の國村隼さん。
 そして、母の形見の時計を直して欲しいとやって来る若い娘役を沢尻エリカさんが演じていた。
 その沢尻エリカさん演じる娘の母親と、時計屋の主人はかつての恋人で、将来を誓い合った仲。
 事情があって二人は別れることになってしまったが、娘が持って来た時計は、その時計屋の主人が以前、かつての恋人だった、娘の母親にプレゼントしたものだった。
 娘は生前、自分の父親は誰かについて全く教えてもらっておらず、その時計屋の主人がひょっとすると自分の本当の父親ではないかという期待を持っていることが次第に分かって来る。

 國村さんの演技も沢尻さんの演技もリアリティがあり、なかなかいいドラマだと私は思った。
 ところが、ネットでこのドラマの感想を見てみると、「沢尻エリカが良い子キャラを演じるとしらける」などと批判的な内容のものが目立った。
 しかし、ドラマは役者さんの私生活を反映させてみるべきものではなく、純粋に、演技がうまいとか、よくできたストーリーかなどを判断すべきではないかと私は思う。
 通常はその劇を演じている役者さんが実際はどんな性格なのかなんてことは分からないものだ。悪役を絵演じている人が、根っからの悪人であるとは限らないし、見ている者にとっては実はそんなことは二の次の問題だと思う。
 今のマスコミが悪いせいか、簡単に有名人は総叩きにあうケースが増えている。沢尻エリカさんがかつて、記者会見で「別に」と居直ったことと、演技の云々は別の次元のことと思う。
 なでいいものはいい、悪いものは悪いとドラマを客観的に評価して上げられないのかなと思う。

 なお、断っておくが、こんなことを書いているのは、私が個人的に沢尻エリカさんのファンだからとかいうものではない。好きか嫌いかと言われればむしろ嫌いなキャラだと言えるが、それと演技を評価するのは違う次元の話なのだ。
 
posted by ミムさん at 22:28| 岡山 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

秋の交通安全旬間は済んだけど・・・

 ご無沙汰です。
 ちまたでは年賀ハガキの予約とか、おせちの予約などという話題が出る時期になって来ましたが、10月とは思えないような高温の日があったり、異常気象で野菜は高騰、なんだかなーの今日この頃です。
 TBSの半沢直樹ってドラマが高視聴率を得て来たかと思いきや、今度は同じ堺雅人さん主演の今度はフジテレビの「リーガルハイ」のパート2シリーズの視聴率も好調のようですね。
 「リーガルハイ」を見てこういう節操のないドラマが受けるとはと嘆いているかたもいるようですが、私はここまで砕けてコメディに徹してくれたほうが面白くて好きですね。
 パート1のシリーズは主人公も古見門(こみかど)弁護士がエセ正義漢っぽくみせることがあったので、どっちつかずでしたが、今回は勝つためには手段を選ばないというポリシーに徹しているのが痛快です。
 こういうエンターテインメントに徹して憂さ晴らしさせてくれるドラマは娯楽として楽しいですね。
 社会派ぶって世のため人のため面している人が作るドラマは好きじゃない。

 世のため人のためというと、警察がそういう役割を果たしているかのように見えて、先月行われていた秋の交通旬間などは交通取り締まりが厳しかったようですが、ああいう交通運動とかいうのは一体どれだけの意味があるのでしょうね?
 ニュースとかでは、昨年の期間と比べて死者が増えただの減っただの言ってますが、スピード違反の取り締まりをしているところなどをみると「ここは自動車事故がよく起きるから」取り締まりをしているというより、ここはドライバーがスピードを出しやすく引っかかり易いからという理由で取り締まりをやっているところが多いように思えて仕方がないです。
 だから、取り締まりにひっかかった人は「これからはスピードを控えよう」ではなく「運が悪かった」となってしまう。
 我が家の前の道路は生活道路なのでスピード制限も30キロなのですが、朝晩の出勤時などは60キロくらいのスピードを出して走っている車が少なくなく、歩いている人にとっては危険と思えるような車も少なくないことは確かです。
 先日、我が家のちょうど前で、交通安全運動中、出勤中の車が白バイにスピード違反で止められ違反切符を切られていました。しかし、それをみて私が思ったのは、運転手は自業自得だというより、かわいそうだということ。
 違反車をみながら後続車がどんどんスピードを出して通り過ぎていく。そして、運動期間が終わると我が家の前の道路は全く取り締まりがなくなり、いつものように60キロ出して行く車だらけとなっています。
 警察のやっているのは、単なる点数稼ぎで、取り締まっているぞという見せつけのためだけって感じ。
 本当に取り締まって欲しいのは真夜中に猛スピードで何度も暴走を繰り返している暴走族の車やバイクなのに、その頃は警察官はぐっすり睡眠。
 本音と立て前がまるで違っている。
 スピード違反で捕まった時に警察官がよく言う言葉は「3カ月違反しなかったら、点数が戻りますからね」っていう言葉。この言葉は「とりあえず3カ月だけはおとなしく安全運転でいてね」と聞こえてしまい、そのあとはどうでもいいよ・・・と言っているように聞こえてしまいます。
 違うだろ・・・交通ルールを本当にドライバーに守ってもらう気があるなら、指導方法は違うでしょ?
posted by ミムさん at 00:20| 岡山 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

改めて痛感ーディーラー車検は高い

 我が家のホンダ。フィットは購入後約9年。
 今月は車検の月。今まではホンダの営業担当の人から電話がかかって来て「車検はいつにしますか?」と尋ねられていたので、あまり深く考えずに車検をお願いしていたのですが、昨年の定期点検の頃からは、ハガキで案内は来るものの、電話がかからなくなった。
 今回も電話はかからない。
 最近は車検時にあれこれ修理する箇所も見つかって、車検時に10万円以上支払うことが多かったのですが、今回はホンダから電話がかからないということで、民間の車検というのに初トライ。
 車検証をもってまずはネット上から見積もりをしてもらうと5万円足らずでできるということ。
 実際にはバッテリーの交換やオイルの交換、それにエアコンフィルターの交換くらいは覚悟して、民間車検を受けることにした。
 ホンダに出していた時は車検に1日かかるということで代車を借りて返り翌日代車に乗って行くという手間もあったが、民間車検は見積もり等も入れて1時間程度で終了と言います。
 で現場で改めて見積もってもらったところ、オイルとエアフィルターは念のため交換したほうがいいかも(強くは勧められなかったですが)とのことですが、バッテリーの交換は不要で、込み込み6万円ほどでできるとのことでしたので、即お願いした。
 30分ほど他で時間をつぶして、行くと少し待たされたけど、できあがり、ビックリ。
 今までのディーラーズ車検はやはりばからしいくらい高いということを改めて通感しました。その都度バッテリー交換もしてたけど、それも必要なかったのかも。
 もっとも今回はワイパーの交換やウォッシャー液の交換などもなしなしなので、そのあたりは自分で気をつけてしたほうがいいのでしょうが、それにしても半分の値段で車検が終われるというのは、嬉しいショックでした。
 こんなのならもっと早くから民間車検にしておけばよかった。
ラベル:ホンダ 車検
posted by ミムさん at 21:43| 岡山 | Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

憲法96条の賛成議員の数を下げることは非常に危険

 今朝の朝日新聞によると安倍首相が憲法9条の戦争放棄の条文改正は当分封印して憲法96条の改正を目指すつもりだと言います。

 憲法96条は憲法を改正するにはまず国会議員の総数の3分の2以上が賛成することで、改正を国民投票に提案でき、この国民投票で過半数が賛成すれば憲法を改正できるというもの。

 安倍首相はこの国会議員の総数の3分の2以上のハードルを過半数に下げるようにしたいそうです。

 その根拠としてハードルが高いと国民投票で国民の意見が聞けず、真の国民主権を実現できないからだと言います。

 しかし、安倍首相は成城大学の法学部だったにも関わらず、法学部で憲法を学んだ学生(政治学科でも、憲法は政治と密接な関係があるため学ぶはずです)なら劣等生でも名前くらい知っているはずの芦部信喜元東大教授という超有名な憲法学者の名前すら知らなかった人のせいか、憲法の基本的な意義や理念すら理解してないかのようです。

 近代憲法は国権を司る、機関つまり国会・内閣・裁判所が国民の人権を侵害しないように国会・内閣・裁判所の権限を制限して、国民の権利を守る最後の砦と言われているのです。

 安易に改正できるようにするということは、それだけ政府や国会などが国民の権利を規制しやすくするということに他ならないのです。

 ですから、国民の権利を制限しやすくするために、憲法を改正するハードルを下げることは、むしろ国民のためには非常に危険だということなのです。
 ところが、安倍首相は全く逆のことを言っています。
 
 また改憲論者の主な主張として、現行の憲法はGHQに押しつけられた憲法であって、自主的な憲法ではないと言います。しかし、GHQに案を出される前に日本が作ろうとしていた憲法はあくまで天皇主権の立憲君主の国家。国の機関が国民の権利を規制しようとすれば簡単にできるような、明治憲法の亜流とでもいうような非国民主権の憲法なのです。

 自主憲法という名の下に、戦前に逆戻りするような国粋主義的な憲法を作ることが国民のためという点に理論のすり替えがあることを看過出来ません。

 このように、国民のためといいつつ、実は政府のために国民の権利・自由をより規制するために憲法を改正していこうという裏の意図が見え見えの憲法96条の改正には、反対すべきだと思います。

 日本は憲法が制定されて以来、一度も憲法が改正されてない古い憲法だから改正する必要があると改憲論者は言いますが、むしろ改正する必要がなかった、それだけよく出来た憲法なんだと誇るべきだと私は思います。

 時代の流れによって、必要に応じて改正点があるならすべきだと思いますが、法律のように、国会の衆院・参院のどちらでも可決されれば、あとは国民審査を経て簡単に憲法が改正できるというのはあまりに危険。

 人気の首相でも出て来て、さっさと憲法改正して、軍隊作って徴兵制も復活、あなたは明日から軍隊に入って戦争に行ってください、なんてことになってから慌てても手遅れですからね。

 ヒットラーは民主的な手続きから生まれたという歴史的な事実を考えるなら、簡単に憲法を改正できるような道を作ることは非常に危険だということはご理解いただけると思います。
 
ラベル:憲法改正
posted by ミムさん at 10:42| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

世代の違い

 高度成長期を経て生きて来た世代にとっとは、景気は冷え切って、世界的にみても、日本は中国や韓国に比べると経済や産業でもかなり成長が低迷していると感じます。
 だからこそ、今の若者は未来に希望がもてず不幸で可愛そうなどと思ってしまいます。

 しかし、今の若い人々は昔の豊かな日本というのを知らずに育って来ているので、それが当たり前、だから自分たちが不幸だとあきらめているということすら思わないようです。

 むしろ、ゲーム機で好き勝手に遊べる、インターネットもどんどんつながって便利、お金さえあれば欲しい物はいろいろ買える、恵まれた人々なのだと考えることもできるでしょう。

 だから今の世の中には野望など抱かずに堅実に生きると考える人が多いのだそうです。

 ベンチャー企業を起業して、ホリエモンのようにIT企業でバリバリやりたいなどという人は少ないようです。真面目に就職して、食いっぱぐれのないように働ければ十分と考えているようです。

 閣府の「国民生活に関する世論調査」(2011年度)では、20代の約73.5%が現在の生活に「満足している」「まあ満足している」と答えています。

 不況に対する不安、原発問題への不安、北朝鮮への脅威などなど、漠然とした不安はあっても、具体的な不安や絶望感はない・・・それが今の若い人たちのようです。
 お金が十分になくても、生きていけることができればいい。・・・なんとなくむなしい気が私などはするのですが、それが今の若い人たちの価値観なのでしょう。だから、「若者よ、もっと頑張れ!」などと励ます必要などないのでしょう。
posted by ミムさん at 14:48| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする