2013年05月03日

憲法96条の賛成議員の数を下げることは非常に危険

 今朝の朝日新聞によると安倍首相が憲法9条の戦争放棄の条文改正は当分封印して憲法96条の改正を目指すつもりだと言います。

 憲法96条は憲法を改正するにはまず国会議員の総数の3分の2以上が賛成することで、改正を国民投票に提案でき、この国民投票で過半数が賛成すれば憲法を改正できるというもの。

 安倍首相はこの国会議員の総数の3分の2以上のハードルを過半数に下げるようにしたいそうです。

 その根拠としてハードルが高いと国民投票で国民の意見が聞けず、真の国民主権を実現できないからだと言います。

 しかし、安倍首相は成城大学の法学部だったにも関わらず、法学部で憲法を学んだ学生(政治学科でも、憲法は政治と密接な関係があるため学ぶはずです)なら劣等生でも名前くらい知っているはずの芦部信喜元東大教授という超有名な憲法学者の名前すら知らなかった人のせいか、憲法の基本的な意義や理念すら理解してないかのようです。

 近代憲法は国権を司る、機関つまり国会・内閣・裁判所が国民の人権を侵害しないように国会・内閣・裁判所の権限を制限して、国民の権利を守る最後の砦と言われているのです。

 安易に改正できるようにするということは、それだけ政府や国会などが国民の権利を規制しやすくするということに他ならないのです。

 ですから、国民の権利を制限しやすくするために、憲法を改正するハードルを下げることは、むしろ国民のためには非常に危険だということなのです。
 ところが、安倍首相は全く逆のことを言っています。
 
 また改憲論者の主な主張として、現行の憲法はGHQに押しつけられた憲法であって、自主的な憲法ではないと言います。しかし、GHQに案を出される前に日本が作ろうとしていた憲法はあくまで天皇主権の立憲君主の国家。国の機関が国民の権利を規制しようとすれば簡単にできるような、明治憲法の亜流とでもいうような非国民主権の憲法なのです。

 自主憲法という名の下に、戦前に逆戻りするような国粋主義的な憲法を作ることが国民のためという点に理論のすり替えがあることを看過出来ません。

 このように、国民のためといいつつ、実は政府のために国民の権利・自由をより規制するために憲法を改正していこうという裏の意図が見え見えの憲法96条の改正には、反対すべきだと思います。

 日本は憲法が制定されて以来、一度も憲法が改正されてない古い憲法だから改正する必要があると改憲論者は言いますが、むしろ改正する必要がなかった、それだけよく出来た憲法なんだと誇るべきだと私は思います。

 時代の流れによって、必要に応じて改正点があるならすべきだと思いますが、法律のように、国会の衆院・参院のどちらでも可決されれば、あとは国民審査を経て簡単に憲法が改正できるというのはあまりに危険。

 人気の首相でも出て来て、さっさと憲法改正して、軍隊作って徴兵制も復活、あなたは明日から軍隊に入って戦争に行ってください、なんてことになってから慌てても手遅れですからね。

 ヒットラーは民主的な手続きから生まれたという歴史的な事実を考えるなら、簡単に憲法を改正できるような道を作ることは非常に危険だということはご理解いただけると思います。
 
ラベル:憲法改正
posted by ミムさん at 10:42| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

世代の違い

 高度成長期を経て生きて来た世代にとっとは、景気は冷え切って、世界的にみても、日本は中国や韓国に比べると経済や産業でもかなり成長が低迷していると感じます。
 だからこそ、今の若者は未来に希望がもてず不幸で可愛そうなどと思ってしまいます。

 しかし、今の若い人々は昔の豊かな日本というのを知らずに育って来ているので、それが当たり前、だから自分たちが不幸だとあきらめているということすら思わないようです。

 むしろ、ゲーム機で好き勝手に遊べる、インターネットもどんどんつながって便利、お金さえあれば欲しい物はいろいろ買える、恵まれた人々なのだと考えることもできるでしょう。

 だから今の世の中には野望など抱かずに堅実に生きると考える人が多いのだそうです。

 ベンチャー企業を起業して、ホリエモンのようにIT企業でバリバリやりたいなどという人は少ないようです。真面目に就職して、食いっぱぐれのないように働ければ十分と考えているようです。

 閣府の「国民生活に関する世論調査」(2011年度)では、20代の約73.5%が現在の生活に「満足している」「まあ満足している」と答えています。

 不況に対する不安、原発問題への不安、北朝鮮への脅威などなど、漠然とした不安はあっても、具体的な不安や絶望感はない・・・それが今の若い人たちのようです。
 お金が十分になくても、生きていけることができればいい。・・・なんとなくむなしい気が私などはするのですが、それが今の若い人たちの価値観なのでしょう。だから、「若者よ、もっと頑張れ!」などと励ます必要などないのでしょう。
posted by ミムさん at 14:48| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

北朝鮮の声明は弱い犬が鳴きわめいているようなもの?

 国際社会に対する強硬姿勢を強める北朝鮮の金正恩第一書記。アメリカの政府高官たちは、父親である故金正日総書記から続く瀬戸際外交戦略をなぞっているだけだと分析しているようですが、アメリカを直接の攻撃対象にするなど、その挑発行為は新たな展開も見せて来ており、懸念されるとことです。

 しかし、それも、金正恩第一書記が軍部からの要請によってみずからの力の強さをみせつけるための一種のパフォーマンスとみる向きが強いようで、核兵器が単なる抑止力的な効果しかもたないことは金正恩第一書記自身よく認識しているとのこと。

 韓国に対して高圧的なのも就任間もない金正恩第一書記の威厳を示すためとみたれているよです。

 たしかにもし北朝鮮がアメリカを核兵器で攻撃するようなことがあれば、アメリカからの激しい報復攻撃があることを予測しないはずはなく、それによって金正恩第一書記政権が大打撃を受けることくらいも分析はしっかりとしていることと思われます。

 ただ、あまりにアメリカや韓国が北朝鮮を軽視するような発言を繰り返していると、金正恩第一書記としては上げた拳のおろし時がなく、軍事的な小競り合いを起こさない危険性が皆無とは言えない。

 一番懸念されるのはその点であるでしょう。金正恩第一書記の権威が北朝鮮に定着するまでは当面様子見で冷ややかな対応、それが取り得るベストの対処法と言ったところか。
 腫れ物に触るような感覚で接さないといけないもどかしさではあるけれども、致し方ないと言ったところでしょうね。
ラベル:金正恩
posted by ミムさん at 12:09| 岡山 🌁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

維新の会は自民党の補完政党なのか?

 最近、維新の会のやっていることは本当に理解できなくなりました。やっぱり太陽の党と一緒になっておかしくなってしまったのではないでしょうか?

 憲法改正論議はいいけど、石原共同代表の唱えているのは現行憲法の破棄。破棄ってことはとりあえず、明治憲法に戻すってことですから時代錯誤も甚だしい。
 それでは右傾化もますます進み、近隣諸国との軋轢が酷くなるばかりでしょう。

 どうせなら、自民党と一緒になってもらったほうがよほどわかり易い。今まで維新の会を支持していた人たちが一体今後もどれだけ維新の会のいうことをきくのでしょうか?

 大阪の政治はともかくも今は国政に関しては橋下共同代表の意志はほとんど反映されなくなっていると言っていいのではなかろうか?維新の会を暴走老人の好き勝手にさせてよいのでしょうか?
posted by ミムさん at 16:02| 岡山 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

ディープな音楽サイト開始

 以前、私自身のHPで趣味の音楽ページみたいなものを作っていたのですが、こころない人によって荒らされたので、HPの更新を休止しておりました。

 しかし、やはり音楽好きの血は捨てられないので、この度、音楽サイトを作成しました。
 ある意味かなりマニアックでディープなサイトになるので、万人向けではないと思います。
 
 でも、個人的にはいい物はいいというスタンスですので、古いブルースから、ハードロック、へビーメタルなどなんでもありのサイトにしていく予定です。
 
 まずは私の大好きなFREEというグループのアルバムレビューを連載中。
 
 よろしかったらご訪問ください。

 そのうち、強力助っ人のS氏の寄稿も始まりますので、ご期待ください。下手な音楽評論家よりずっと素晴らしい文章を書き音楽知識も私は足元にも及ばないすごいかたなので、ご期待ください。

  自己満足「ロック/ブルース三昧」(仮)
posted by ミムさん at 18:15| 岡山 ☀| Comment(0) | お知らせ・告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする